2017年07月07日

フカフカ吹き出て困っちゃう!

『10年間使用した羽毛掛ふとんですが
カバーを外すと
白い羽毛が出てくるんです
診断して下さい』
と、いなべ市の女性の方が
ご来店下さいました。o(^o^)o

IMG_0523.JPG

問題の羽毛ふとんを台の上に広げてみると
やはり側生地に小さな小さな穴が数カ所
あるある目
皮脂 汗 あせあせ(飛び散る汗)の塩分で生地が劣化し破れ
その穴から吹き出してたのでしょうね


診断結果リフォーム仕立て替えを
させていただきましょう。



お布団は汗 皮脂 フケ ダニ で
おふとんの中の奥まで汚れていますよ。
天日に干すだけではキレイになりません(*´-`)
4〜5年に一度は丸洗いをし
汚れを落としましょうね。


帯屋は
「眠りの相談店」として
お気軽にご来店いただいております。
ありがとうございました m(__)m


羽毛布団専門店 ふとん工房 帯屋
三重県桑名市吉津屋町56
TEL: 0594-22-0841
WEBサイト http://obiya.info/







posted by ひみこ at 23:48| 羽毛布団リフォーム

2017年06月18日

中心部分がペッチャンコ

IMG_0455.JPG

『合用羽毛掛ふとんを押し入れから出して見たら
体に当たる部分に羽毛がなく
四隅に片寄ってしまい
ふっくらさがないんですが
丸洗いで直りますか?
診断してください』
と、名古屋市の40歳代の女性がお持ち込みされました。


診断結果やはり中心部分の羽毛が片寄り
側生地だけになっていて
全く掛ふとんの機能を果たしていなく
そして汗 皮脂など汚れが羽毛に染み込んでしまい
ベタ付いてふっくらさがない
状態でした。

丸洗いだけでは復元しないので
解体除塵をし中身の羽毛を取り出して洗い
更に除塵を行いお好みの側生地へ
吹き入れるリフォーム(打ち直し)を
お勧めしました。


帯屋にてオーダーメイドさせて
いただきます。
ありがとうございました。


ふとん工房 帯屋
三重県桑名市吉津屋町56
TEL: 0594-22-0841
WEBサイト http://obiya.info/



posted by ひみこ at 17:08| 羽毛布団リフォーム

2017年06月12日

ワンちゃんがカミカミしちゃった

IMG_0391.JPG

『どうしましょう!
羽毛掛け布団の側生地をワンちゃんが
噛んで羽毛がふわふわ吹き出ちゃった』
と、桑名市の40才代女性とワンちゃんが
ご来店いただきました(^o^)


なんと1枚でなくご家族4人分のふとんを
あちらこちら少しづつカミカミ
しかも以前帯屋でお作りした羽毛ふとん
痛々しい姿でのお帰りでした(*´-`)


お話している間とてもおとなしく可愛いワンちゃん
まさかこの子がそんな事するとは想像もつかないが
1人お留守番してる時に寂しくなるのか
何故かカミカミ癖が出ちゃうんですって。


診断結果で羽毛リフォームとなりました
今後は気を付けて下さいね。
ありがとうございました。o(^o^)o

ふとん工房 帯屋
三重県桑名市吉津屋町56
TEL:0594-22-0841
WEBサイト http://obiya.info/



posted by ひみこ at 22:51| 羽毛布団リフォーム

2017年05月22日

冬の間使っていたお布団

IMG_0143.JPG

『冬の間使っていた羽毛ふとん
ふっくらさがなくなり
片寄りが気になるので
帯屋さん診断して下さい 』
と、いなべ市の60才女性の方より
お持ち込みいただきました。((o(^∇^)o))



寒い冬の間に使っていたお布団には
汗 皮脂 フケ アカ などの汚れが
寝汗に溶けてお布団の奥深くに
染み込んでいます。(ー ー;)



そのまま押し入れにしまってしまうと
夏を迎えると押入れは高温多湿になり
特に汚れが染み込んだお布団の中は
ダニ カビにとって快適環境となります。(−_−;)



羽毛のベタ付き 片寄り 側生地の破損が有り
リフォームさせていただく事と
なりました。



羽毛ふとんはリフォームすることで
ふっくら蘇ります。
使い始めの頃のボリューム感を
取り戻すことができます。ヾ(๑╹◡╹)ノ"



帯屋では「羽毛ふとんの相談店」として
お気軽にご来店、お問い合わせを
いただいております。


ありがとうございました。m(__)m


羽毛布団専門店 ふとん工房帯屋
三重県桑名市吉津屋町56
TEL:0594-22-0841
WEBサイト http://obiya.info/













posted by ひみこ at 23:52| 羽毛布団リフォーム

2017年05月08日

使用した冬布団の行方

衣類の衣替えと同じように
布団も衣替えのタイミングです。ヽ(´▽`)/



日中は暖かく暑い日もありますが
夜は冷えたりと調節が難しく
今の時期は合用掛布団の出番ですね。



この冬使った冬布団はどうされました?
まさかカバーだけを洗い
そのまま押し入れにポイとしまってないですよね?(−_−;)



必ずしまう前に風に当て
日干し陰干しをして冬の間の湿気を飛ばし
乾燥させましょう。
特に汚れが染み込んだ布団は
丸洗い・リフォームをお勧めします。



12年お使いのだんな様の冬用羽毛掛布団の
ご相談いただきました。
『こんなに量があるのに寒い寒いと
主人が言うんだけど帯屋さん診断して下さい』
と、お持ち込みされました。(╹◡╹)



問題の羽毛布団を台の上に広げてみると
なんと体に当たる部分に羽毛がチョロリとしかなく
両端に片寄ってしまって
中心部分はほぼ側生地だけの状態。(>_<)



汗・皮脂のベタ付き
寝返りをする度の片寄りが原因。
診断結果 リフォーム(仕立替え)を
お勧めしました。



これでふっくら暖かいお布団によみがえり
だんな様に喜んでいただけるでしょうo(^▽^)o

IMG_0237.JPG

帯屋では「羽毛布団の相談店」として
お気軽にご来店 お問い合わせ
いただいております。


ありがとうございますm(__)m


羽毛布団専門店 ふとん工房 帯屋
三重県桑名市吉津屋町56
TEL: 0594-22-0841
WEBサイト http://obiya.info/







posted by ひみこ at 23:52| 羽毛布団リフォーム